10/19 チーム力の差

負けた。

まぁ気持ちええ程の完敗。

力の差を見せつけられましたな。

このチームに勝たんと日本シリーズに行けんのが分かった。

レギュラーシーズン通りの負け方やった。

けども勢いに乗る事が出来てマツダまで来れたが、来てからはその勢いは死んでいた。

今日の試合、初回坂本への初球。

甘めの球を見逃した。

これで勢いの無さに不安を覚えた。

大瀬良、ジョンソンと比べると見劣りする九里。

いつでも打てるだろうと計算があったのかもしれない。

けど、攻めの姿勢の元に見送った風には見えなかった。

負けて元々。守るものはないと意気込んだ試合だったが、体までその心についてこなかったのだと思う。

その坂本がまさかの2エラー。

1つは決定的な追加点を与えるタイムリーエラー。

あの打球は丸と被っていたりとか、ラインドライブがかかったりして難しかったとは思う。

けど坂本なら、アウトを期待出来るプレーだ。

しかもあの場面で。

これが勢いがないという事か。

それに比べ広島は何個ファインプレーがあった事か。

毎試合見ている僕のイメージだが、多い日の倍近くあった風に思う。

これは目に見えない勢い、流れの違いだと思った。

まぁそれを可能にする守備力があるのは確かだが、それをこれほど発揮出来るのは能力だけの話ではない気がした。

けども今シーズンが終わったから言える事だが、全く坂本は責められない。

何度チームを攻守共に救ってきたか。

全てチーム力の差がこうさせたのだと思う。


そのチーム力の差は、打線としても出ていた。

2回ノーアウト2塁で阿部がセンターフライ。

阿部は自分で決めていい選手で、その為の起用だから決して悪くない。

チーム方針がそうさせているのだと思う。

ここで進塁打を誰でも狙わせるチームやないんや。

これが結果として悪い風に出たという事。

その点、その裏の広島の攻撃では同じノーアウト2塁で野間は思いっきり進塁打狙いで引っ張ってのタイムリーヒット。

これがチーム力の差やな。

広島は打線として役割がしっかりある。

逆に巨人は個の力に頼る打者で打順を組んでいる、あるいは個の力でしか組む選手がいない。


これでレギュラーシーズン広島に負けているのだから、広島の打者が役割を果たせず、巨人の個の力が発揮できる、これやないと勝てない訳で、確率は元から大分低かったのだから負けて妥当な結果だ。


後負けた原因の全てを背負って欲しいのが岡本だ。

4番が打てず、今シーズンが終わった。

これが3戦全てで言える。

チームの勢いが出なかった、点が入らなかった、相手に流れが行きっぱなしだった。

全て岡本の責任。

これを全て背負いきってこそ、4番の仕事を完璧にこなしたと言える。

キツイか知らんが、そんな選手になって欲しいし、こんな事を望める選手がいるのを凄く嬉しく思う。

岡本、来期この悔しさ全て背負った上でこれをバネにし、大活躍しペナントを勝ち取ってくれ。

来期は監督が変わる。由伸みたいに耐えてくれるか分からへん。その環境でもずっと4番。

これを掴みとって今よりも不動の4番としてチームを引っ張っていってくれ。


この試合、良かった点はマギーと吉川光。

どちらも期待を遥かに超えた活躍だった。

マギーを超える選手。

そんな選手が来期出てくる事を願う。

ほんで吉川光。

あの球威は見事、巨人に来て一番良かった。

来期本当の復活、いや覚醒するぐらいの勢いで頑張ってほしい。

個人的には中継ぎで見たい。

まさかの抑えを任せられる様な選手になったら、それはそれで新しいチームになるだろう!



以上!


ご覧下さりありがとうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。