9/17 控え選手2人の打点

なんとも言えん試合だった。

初回重信が出たものの、マギーがダブルプレー。

結果論満載で言うとどうせゲッツーなんだから、盗塁させても良かった。

しかも、振り逃げのランナーだ。アウトで元々。

初回やし大事にいかなあかん訳でもないだろう。

ここらへんの嫌らしさが他のチームに比べてすこぶるないし、接戦が弱い原因やと思う。

好投手相手でこっちも先発の柱的存在のメルなんやから、積極的にいってもいいんとちゃうやろか?

後岡本の今の状態を考えてもマギーで決めてほしい所だし余計に走って欲しかった。

その後2回裏に長野がライトへのポテンヒットを打つがオーバーランしてアウト。

これはどういう事か全く分からなかったが、どんな見方で見ても援護できる事ではなかった。

こういうのが、流れを止めガルシアを楽に投げさせた原因のひとつだろう。


ガルシアに唯一タイミングを合わせられそうだったのが阿部だが阿部の前にランナーを置けなかったのも敗因のひとつだ。


ガルシアからチャンスを作れたのが7回裏だったが、阿部長野連打で1アウト2.3塁で代打ゲレーロ、そこそこ甘い球を打ち損じ気味にセンターへの犠牲フライ。

うーん。スタメンで出れていたら少しは目が慣れていて結果変わったのかなぁ。

けど阿部もタイミングが合っていた事を思うと出れる所が長野が守っていたライト?

それはないな。仕方ない。

その後大城四球で歩き田中俊。

ここで代打を出したい所だが坂本が下がってしまっているからセカンドを守れる選手がいなくなると言う事だろう、そのまま打席に立ちファーストゴロ。

いやいや‼︎マギーをセカンドにしてサードに岡本でレフトにゲレーロそのままでいいやろ!

そしたらここで陽を代打で出せた。後は陽かゲレーロどっちを残すか点差なりで考えたら済む事でガルシア相手に左の田中俊をそのままは訳が分からんかった。

で3点差のまま8回になりピッチャー変わって祖父江。先頭ピッチャーに代打の陽がHR。

なんか結果論でピッチャーも変わっとるけどチグハグな話やなぁ。

で流れが変わって欲しい所だったが次の重信が

低めの球に見逃し三振。あの球は手を出して欲しかったなぁ。

後は岡本の四球があったぐらいで反撃できず試合終了。

結果論で語り過ぎだがなんとも言えん試合だったなという感想だ。

少し投手陣に触れるとメルはアルモンテの四球はもったいなかったなぁ。

まぁ自分でも相当気づいているだろうけど。

中継ぎの池田アダメス山口はまぁ無失点で抑えたし良いだろう。


もう内容がどうとか関係なく、ぐだくだでも勝ちゃ良い時期に入っているのだから怪我以外は、一試合一試合勝ちゃ良いという気持ちで望んでほしい。


以上!


追記、、、坂本は一応次の試合には出れるぐらいの状態らしいです。


ご覧下さりありがとうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。